2011年06月07日

NHK「あさイチ」で”ワキ汗”対策特集

<【エンタがビタミン♪】ついに、あさイチで「ワキ汗」の特集有働アナ、“ワキ汗スパイラル”に陥る。>
2011年06月07日12時30分
提供:Techinsight Japan

本人は全く気にしていなかったのに、“ワキ汗騒動”の中心人物になってしまったNHKアナウンサーの有働由美子。とうとう6月7日放送の『あさイチ』(NHK総合テレビ)では、“有働納得、ワキ汗に悩まない秘策”という特集が組まれた。
「テレビ人として(ワキ汗は)、見苦しい。」とまで指摘された有働アナ。番組に寄せられた「有働アナのワキ汗」に関するFAXは、100通以上に上ったという。彼女は「汗は誰でもかくものなので、恥ずかしいとは思っていなかった。」のだが、あれよあれよという間にネット上だけでなく週刊誌の記事にまでなってしまった。もちろん「気にする必要は無い。」という意見も多数あるのだが、やはり「自分のワキ汗を、不快に感じる視聴者がいる。」ことに有働アナは驚き、「申し訳ない。」と思うようになったのだ。

番組では多汗と体臭に詳しい医師に、ワキ汗について取材を行った。汗は気温が高い時と緊張した時にかく場合が多いのだが、どちらの条件でも汗をかく箇所が“ワキ”であり汗腺が非常に多いため、他の箇所より大量に汗が出てしまうのだという。おまけにワキは汗が蒸発しにくいので、余計に目立ってしまうらしい。
さらに番組では「暑い」→「ワキ汗をかく」→「人に指摘される」→「さらに緊張して、ワキ汗をかく」 この循環を“ワキ汗スパイラル”と命名していた。(注:番組は、ふざけていません。)

〜以下省略〜

http://news.livedoor.com/article/detail/5615788/
(ライブドアニュースより引用)


最近話題の番組、NHKの『あさイチ』。


その中での有働アナの”ワキ汗”が物議をかもしていたらしいが、今日の放送はそれについてのフォローだったらしい。


結局、ワキ汗については、画期的な対策法などはなかったようだが、相変わらず日本は細かいことまで神経を使わなきゃならない緊張感の高い社会だな、と思った。


「汗して働く」のは、もはや許されざる姿なのだろうか?



posted by トム at 17:55 | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。