2011年06月13日

マツダから次期ロードスター発売なるか?

<原点回帰! 超軽量化する次期型ロードスター
2011/6/13 16:50
オープン2シーターFRスポーツとしてデビューしたユーノス・ロードスター(現マツダ・ロードスター)。「オープンは売れない」という常識を覆し、世界でオープンカー旋風を巻き起こした画期的なモデルです。現在は3代目で初代から比べるとだんだんと大きく、重くなって今では1120kg。エンジンは2000cc、3ナンバーボディです。
次世代はそのまま大きく、重くなるかと思いきやさにあらず。なんと軽く、エンジンも小さくするというのだから驚きです。目標は800kg。エンジンは1400ccに直噴ターボを組み合わせるのでスポーツ性にも期待ができます。
本当に800kgになるかはともかくとして、方向性はいいですね。またロードスター旋風が吹き荒れるのでしょうか、楽しみです。

http://netallica.yahoo.co.jp/news/193090
(ネタりかサイトより引用)


マツダからロードスターの次期モデルがもうすぐ発売されるらしい。


先日は、新しい超低燃費のデミオが発表になったばかりで、今度はロードスターのニュース。


アウディと技術提携の話もあるらしいし、マツダに元気が出てきたようだ。


新モデルのロードスターが原点に戻って小型化するというのは、正しい判断だと思うし、新しい低燃費のエンジン+直噴ターボなら、たとえスポーツカーであっても、エコな車と評価できる。


マツダのターボという話はあまり聞かないので、これも新技術なのか、それともアウディから得た技術なのか。


あと気になるのはスタイリングだが、この点は大胆なチャレンジを期待したいところです。



posted by トム at 17:19 | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。