2010年02月06日

西武・菊池雄星、420万円の酸素カプセル買う

<雄星、酸素カプセル420万円自腹購入!…西武>
2月6日8時0分配信 スポーツ報知
 西武・菊池雄星投手(18)が、ファイテン社の酸素カプセル(ファイテンO2ハードタイプ)を購入したことが5日、分かった。価格420万円の高圧酸素治療器で、日本ハム・ダルビッシュや阪神・金本は旧型を愛用している。キャンプ終了後にも埼玉・所沢にある若獅子寮の自
室に運び込まれる予定だ。「50歳まで現役」を目標とする左腕が、ハイテク機器とともに、超一流選手の仲間入りを目指す。
 野球のためなら、金に糸目を付けない。雄星が高卒新人としては超異例のビッグな買い物をした。価格420万円もするファイテン社の酸素カプセルを購入していた。キャンプ終了後の3月中にも埼玉・所沢にある若獅子寮の自室に運び込まれる予定となった。
 きっかけは昨年12月18日、花巻東高を取材で訪れたシドニー五輪女子マラソンの金メダリスト・高橋尚子さん(37)との出会いだった。昨年までファイテン社と所属契約を結んでいた高橋さんが同社を紹介。体のケアには人一倍気を使う左腕は、以前から興味を示していた酸素カプセル購入に踏み切ったようだ。
 このカプセルは、中に入って密閉し、気圧を上げて酸素を送り込むことで、新陳代謝や身体機
能を向上させる、いわゆる高圧酸素治療器。疲労回復には最適で、日本ハムのダルビッシュ、阪神・金本らも同社の旧型を購入し、自宅で愛用しているという。特に金本は1474試合連続フルイニング出場という世界記録を持ち、現在も継続中。08年のシーズン後の左ひざの手術から復活するなど、酸素カプセルの効果は大きかった。〜以下省略〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100205-00000265-sph-base
(ヤフーニュースより引用)

ファイテンって、身体に貼る治療用の磁気テープみたいなのを作っている会社でしょう?


あれは効くのか効かないのか良く分からないですけどね。


しかし、この高圧酸素カプセルは効くようですね。疲労回復だけでなく、脳梗塞の後遺症や関節炎の治療などにも有効だと聞いたことがあります。


420万円もする高額な機器をポンと買ってしまうなど、野球に対して相当気合が入っていますね。


私は野球には興味がないですが、こういうニュースを聞くと、菊池雄星が出る試合だけは見てみようかという気になってきますね。


しかし、菊池雄星はまだ18才。こんな機械を使わなくとも休養を取れば疲れは十分回復すると思いますがね・・・。
posted by トム at 23:24 | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。