2010年02月16日

三菱が80万円台の小型車を発売予定

<三菱、80万円の小型車検討 来年発売、低価格志向受け>
 2011年に低燃費の小型普通車の発売を予定している三菱自動車が、価格を80万円前後に設定する方向で検討していることが15日、分かった。現在の普通車の最も安い価格帯は100万円前後になっており、三菱は新型車の価格を軽自動車の格安モデル並みにし、消費者の
低価格志向に対応する。タイや中国の工場で生産してコストを削減する。低価格車を海外で生産して国内へ逆輸入する動きが加速しそうだ。
http://www.excite.co.jp/News/economy/20100215/Kyodo_OT_CO2010021501000604.html
(エキサイトニュースより引用)

凄い。80万円台の小型普通車を三菱が発売予定らしい。しかも来年2011年に。


小型車だから、軽自動車より大きく使い勝手もいいということ。


日産のマーチやホンダのシビックなどのクラスになるのだろう。


セカンドカーとして、軽自動車では小さすぎる人にはありがたい話しだ。できれば燃費もよくし、ランニングコスト面でも費用が小さくなるようにして欲しいものだ。
posted by トム at 18:03 | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。