2011年04月03日

花粉症に悪い食べ物、食生活

今年の春は天候不順気味で、いつまでも寒い日が続いていますが、4月に入ってようやく暖かな日も出てきました。


そうなると花粉の飛散量も増え、花粉症の人にはいよいよつらい時期となりました。


私は花粉症ではないのですが、それでも日によっては目がムズムズしたりします。


今年は花粉の飛散量が去年の10倍とかで、症状も酷い人が多いでしょうが、薬やらお茶やマスクなど様々な対策を皆さんされているでしょう。


しかし、花粉症対策はそういった対症療法的なものだけでは不十分です。


アレルギー体質に悪い生活習慣を改めないと、なかなか改善しないでしょう。


中でも食生活は結構大切です。


精製した白砂糖をたくさん使った食べ物、例えばケーキ類、アイスクリーム、和菓子などは多く食べると花粉症は悪化しますし、油っこいものやファストフードなども同様です。


要するに古い言い方ですが、アメリカンスタイルの食事は花粉症に悪い食べ物でよくありません。


逆に和食、特に土の中で育つ根菜類などを多めに摂るといいでしょう。レンコンの煮汁が花粉症に効いたとかいう某テレビ番組の内容は、それに相当しますね。


食事量も腹八分目が理想です。要するに花粉症の季節はできるだけ粗食がいいようです。


それから、早寝早起き、冷えの解消、肩こり解消など自律神経を整えるようにするのも改善を助けます


花粉症はこれからGWの立夏の頃までがピークです。


今からでも生活スタイルを見直し、少しでも楽に乗り切れるようにして下さい。



posted by トム at 22:47 | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。